猫 伝染性腹膜炎(FIP) と診断された

22887138.jpg

猫 伝染性腹膜炎(FIP) 

概 略

猫伝染性腹膜炎は、FIPウイルスによる致死性感染症。有効なワクチンはなし。FIPウイルスは猫コロナウイルスの強毒型。猫コロナウイルスが生物学転換により猫伝染性FIPウイルスが生じると考えられている。FIP発症猫は2種の血清型に分かれる。血清Ⅰ型がFIPウイルス、FECVに起因するのが猫腸コロナウイルス感染症です。

猫伝染性腹膜炎は繊維素性または肉芽腫性の漿膜炎、化膿性肉芽腫性病変、胸腔や腹腔に液体を生じる。また免疫に関与するT細胞を減少させるため免疫が深く関与する疾患である。

 

アドバイス

・完治する疾患ではない

・確定するのが難しい(病変組織とさん出液の抗原検査のみ)

・猫コロナウイルス感染猫においてFIPに関連する症状や検査所見を示さない場合は、猫

腸内コロナ感染症になる。症状がみられた場合には、FIPと仮診断して治療に入ることになる

・エビデンスに基づく治療薬はない。一般的な抗ウイルス薬や人用の薬を用いて進行を遅らすことし

   か現在では出来ない

・同居猫がいる場合は感染率が高いのでそちらを確実に守ることを考える

トイレや食器を別にして消毒を徹底する

便や食渣は確実に処分し除去後に消毒用アルコールと界面活性剤で徹底的に消毒する

 

主な症状

初期

□発熱(抗菌剤に反応しない)

□元気消失

□食欲不振

進行で

□黄疸、蒼白

□腹囲膨満 呼吸困難

 

 □神経症状

 □乳び・ぶどう膜炎

検 査

必要な検査

□血液検査

より有効な検査

□貯留液の検査(胸水・腹水)

□超音波検査

追加・必要な場合に行う検査

CT 脳室の確認

MRI(当院で実施不可)

診 断

現在の確定診断は

 □病変組織とさん出液の抗原検査のみ

  ※遺伝子検査で確定することは困難

行っている治療

FIPに有効な治療法、エビデンスはない

対症療法として

□抗ウイルス薬 増殖を抑制 

FIPを目的としたものは日本ではない。(米国のみ)

試験管内での抑制を認められた人用薬剤を飼主同意のもと投与を検討する

□抗炎症薬

※ステロイド 但しウイルス助長の可能性もあり

□分子標的治療薬   サイトカインの産生抑制

※人用製剤の使用を試みる 良好な効果があるとの報告もあるが飼主の同意が必要

□免疫薬

※日本での販売なし(当院では不可)

予 後

予後不良。

胸水貯留や神経症状が伴なわない場合は、完治は不可能だが月単位で治療に反応する可能性もある。

Comment 0

Leave a comment