慢性肝炎 と診断された

肝臓

慢性肝炎 と診断された

概 略

組織学的に炎症細胞の浸潤と肝細胞が壊死した状態。びまん性に繊維化が進み、肝実質の構造が失われ結節性病変に置換された状態が肝硬変である。原因は感染性、代謝性、自己免疫性、薬物誘発性など様々だが、原因が特定されない場合も多い。また銅の過剰蓄積により肝炎の発症に関与する好発犬種が確認されていて、好発犬種に該当する場合は、確定診断のためには、病理組織学的検査が有効である。

肝硬変の状態になると、肝腎かなめと言われる様に、生存するのは難しい状況となる。進行を出来るだけけ遅らせる、肝臓の炎症を抑える事が治療の目的となる。

 

アドバイス

・肝機能低下なのか肝不全なのかを理解する

・徐々に進行し完治する疾患ではない

・適切かつこまめなケアで長期的な維持は可能

・超音波検査での診断は有効だが確定には病理組織学的検査が必要

 

主な症状

 初期にはほとんど見られない病態が進むことで

□食欲低下

□元気消失

□黄疸

□嘔吐

□下痢

□腹水

□肝性脳症

 

検査

必要な検査

□血液検査(肝酵素の上昇)

□レントゲン検査(腹部)

□超音波検査

 

より有効な検査

□肝生検・病理組織学検査

 

追加・必要な場合に行う検査

□血液検査 総たん汁酸 アンモニア

□尿検査

CT検査

行っている治療

□肝炎を誘発させる疑いのある薬剤を服用している場合は服用の検討または中止

□銅蓄積性と診断された場合は、キレート薬の服用

□免疫抑制薬

 ・プレドニゾロン 

 ・他

□療法食 

□肝臓保護薬

腹水がある場合の治療

□腹水穿刺

□利尿剤投与

肝性脳症にたいしての治療(発作や神経症状の発現)

□アンモニア抑制薬

 

予後

病態により予後は異なるが完治するものではない。

腹水の貯留、肝硬変の場合には予後は良くない。血液検査にて肝不全が確認された場合は、生存期間は短い。

Comment 0

Leave a comment