犬アトピー性皮膚炎 と診断された

犬痒み  
犬アトピー性皮膚炎 と診断された 
概 略 
慢性のかゆみを伴う皮膚疾患。血液の検査で、環境アレルゲンに対するIgEの増加が認めれると定義されるが、IgEの上昇が認められない場合や、皮膚の検査(皮内反応試験)でも陽性にならないケースもある。 発症は生後6か月から3歳位とされるが、これ以外での発症もある。痒みから誘発され、裂毛、脱毛、びらん・潰瘍といった症状に進み、さらに慢性化すると皮膚の肥厚や色素沈着が起こる。 
アドバイス 
基本は完治する疾患ではない ・治療は生涯にわたる ・治療は痒みのコントロールになる ・2次的な細菌感染や真菌感染の治療が重要 ・皮膚管理(スキンケア)が重要 ・食事療法・改善は有効とされる ・適切かつこまめなケアで長期的なQOLが得られる ・痒みに対して漠然と治療を行うのではなく、痒みの除外診断をきちんとした上で、2次的な皮膚疾患の治療を皮膚の病態に合わせ、必要な治療を選択する ・基本治療は生涯続くとされるが、発症後の早期治療(免疫療法等)で根治も期待できる 

主な症状
   □慢性的な痒み
  痒みが続くことで 
  □裂毛・脱毛 
  □びらん・潰瘍 
  □皮膚肥厚・色素沈着  
  □湿疹 検査・診断  
   他のかゆみを伴う皮膚疾患の除外が必須 必要な検査  
  □血液でのアレルゲンIgE検査  
   ※検査機関により感度が異なる。またIgEの上昇が認められないケースもある 

より有効な検査 
  □皮膚病理検査       
   ※他疾患との除外には必要 
追加・必要な場合に行う検査 
  □食物除去試験・誘発試験 
  □皮内反応 
  □血液・リンパ球強度試験 

行っている治療 
 ①抗原刺激の回避 
  □原因と思われるものを出来るだけ明確にし、回避する  生活環境、寝床の見直し防虫マットの
   使用など 
  □食事の見直し  食物抗原の回避、除去食試験及び不可試験の実施 
 ②痒みのコントロール 
  □ステロイド剤 内服・外用の投与 
  □抗ヒスタミン・抗アレルギー薬の投与 
  □その他かゆみ止め・免疫系の薬剤投与 
 ③免疫療法・インターフェロン療法 抗原を負荷することで免疫の寛容を誘導する 
 ④2次的な感染症を主とする悪化因子の治療 
  □細菌感染に対して抗菌剤 
  □真菌感染に対して抗真菌剤 
  □外部寄生虫ノミダニ予防 
 ⑤皮膚の管理(スキンケア) 
  □シャンプー療法 
  □水浴 
   ※日本犬(柴犬)など水浴が嫌いな場合は逆に悪化因子となるため注意 
  □コンディショナー 
  □スキンケア(必須脂肪酸・ビタミン)の投与 推奨する
 ⑥減感作療法

定期検査 
  □一頭一頭異なる アレルゲンの特定を出来るだけ行いそれに伴いアレルゲンに暴露される時期
  (季節を考慮し、定期的な検査と治療が必要
予後 
 生命予後には直接影響はない 基本は根治可能な疾患ではないとされ、生涯にわたり管理が必要

Comment 0

Leave a comment